DAIKYO   
                              シールピールの安全性  SDS 情報    
  
                                            
                                     SD-3A                                           SP-25      

              シールピールのタイプ 1型、高純度のパルプ綿花を原料としたセルロース(繊維素)に、

                 植物性油脂類と高度精製した鉱物油を混合してできる、可剥性の防錆プラスチックで、

                製品成分の中に有害とされる化学物質を全く含まない、安全性の高い繊維素(セルロース)プラスチックです。
     
       タイプ1型とは  SP-25/ED-7/SD-3/SD-3A/SC/フソーコートの型番のことです。
    成分情報
                    ・  粉末のセルロース樹脂 (パルプ・綿花が原料)FDA認可品
                                     ・  植物油脂類         (精製ひまし油 FDA認可品)
                                     ・  高度精製炭化水素     (防錆用オイルとして)
                                     ・  FDA認可の非汚染性酸化防止剤配合

        
    
                                    

                                              
                                  工具類にコーティング              防錆被膜を可剥した状態     

               最新規制情報等
 
  化学物質管理促進法(PRTR法  特定・ 1種462物質・2種100物質)
    化管法第14条規定
 
 非該当
 含有せず     
  N/A
     ヨーロッパRoHs規制  10物質(EU)2015/863 公布
  
     RoHs指令追加 9物質  2008年6月
    1.TBBP-A       テトラブロモビスフェノールA
    2.HBCDD       ヘキサブロシクロドデカン
    3.DEHP (DOP)    フタル酸ジー2-エチルヘキシル
    4.BBP         フタル酸ブチルベンジル
    5.DBP          フタル酸ジーn-ブチル
    6.MCCP        中鎖塩素化パラフィン 
    7.SCCP         短鎖塩素化パラフィン
    8.ノニルフェノール/ノニルフェノールエトキシレート
    9.有機塩素剤・有機臭素化合物
   10.DIBP         フタル酸ジイソブチル
 
 非該当
含有せず   
  N/A
   
 REACH規制 / ECHA欧州化学品庁(高懸念物質)205物質

     第6次SVHCリストの73種類        2011年12月追加  
   第7次追加SVHC物質       2012年 6月18日
     第8次追加SVHC54物質      2012年12月19日
    第9次追加SVHC 6物質       2013年 6月20日
     第10次追加SVHC7物質      2013年12月16日
   第11次追加SVHC4物質      2014年 6月16日
   第12次追加SVHC6物質      2014年12月14日
      第13次追加SVHC2物質      2015年 6月15日
      第14次追加SVHC5物質      2015年12月17日
      第15次追加SVHC1物質      2016年 6月20日
      第16次追加SVHC4物質      2017年 1月12日
             :               :    
  第22次追加SVHC4物質      2020年 1月16日
 非該当
含有せず   
  N/A 
    内分泌かく乱化学物質(67種類) SPEED‘98 環境庁
    ビスフェノールA
    ノニルフェノール
  オクチルフェノール
含有せず      N/A
    PFOS (パーフルオロオクタンスルホン酸) 含有せず      N/A
    ジメチルフマレート(DMF:フルマ酸ジメチル) 含有せず      N/A


  用途及び使用上の制限 : 金属・非鉄金属防錆保護
                 GHS分類        :  GHS分類に該当しない
               絵表示又はシンボル :  なし
        注意喚起語       :  なし

        危険有害性情報   :  作業中、火傷の恐れ有るため溶融中は必ずタンクの上フタをすること。
                        溶融中、油が引火点を越えると火災の危険性有り。
                        人により軽度の皮膚刺激または眼刺激有り。
                     

        人健康有害性    :  有害性は極めて低い。  
                     

        環境有害性      :  水性環境急性有害性   分類できない
                        水性環境慢性有害性   分類できない
                     

        予防対策       :  用途以外には使用しないこと。

       廃棄上の注意     :  都道府県の知事の許可を受けた産業廃棄物処理業者もしくは地方公共団体がその処理を
                        行っている場合にはそこに委託する。分離した油の部分は廃油処理とする。
                      剥いだ被膜や老化した塊の処分は廃プラスチックとして油部分は廃油として
                                                   産業廃棄物業者に 委託する。
                       焼却装置で焼却しても有害なガスの発生はない。
        
商品の安全性について
    
        
           ・ このセルロース樹脂(繊維素)は、FDA: アメリカ食品医薬局、 EP: ヨーロッパ医薬方にパスした原料を
               ベースに設計されたプラスチック です。

           ・ 弊社では、安全性重視の観点から、セルロースを使用したタイプ1型には、 染料・顔料を使用せず
               
             数種類の植物性の油脂と防錆用のオイルに、セルロース粉末を加えて加熱混合するとべっ甲色を

               した固い プラスチックが出来上がります。 その中には添加剤としてFDAで認められた酸化防止剤や

              安定 剤を加えて 、人体に負荷のかかる有害な化学物質を排除しております。

                *タイプ1型とはSP-25/ED-7/SD-3/SD-3A/SCの型番です。


        シールピール
は熱可塑性のプラスチックです。 熱を加えると多少の油の蒸気やミストが発生する

               ので作業する方の環境を考えれば、無害な商品でなくてはなりません。安全性の確保のために他の

               防錆 剤に 比べて多少のコスト高は避けられませんが、利用される方が安心してお使いできる安全

               な商品です。

           ・  熱可塑性のシールピールは常温では固型で、熱を加えると融けて液体になり、熱を加えないとまた

                固型にもどる性質を持ったプラスチックで、浸漬(Dipping) した後、すぐに被膜形成して硬化します。


             硬化した膜の性能は、前処理を十分に行い、浸漬パックを行えば長期保管(5年から10年)に渡って

             部品をしっかりと防錆保護します。但し浸漬処理は180℃〜190℃の範囲で行って下さい。

              シールピールを融かすのに、200℃以上の高温で浸漬処理した被膜は、含有油分が蒸発してしまい

                柔軟性がなくなり、高温で処理した為に、 熱酸化と経時変化により、剥離する時に硬くて剥がしにくい

                被膜になりますので適正温度(180℃〜190℃の範囲)で作業することが大切です。

               


      被膜の油分の抽出について

            ・ シールピールは低温の冬場には、被膜の油分の抽出量が少なく、硬い被膜になります。 

              逆に高温の夏場では、油分の抽出量が多くなり、防錆膜は  、軟らかい被膜になります。

             油分の抽出量については気温の高低差により影響を強く受けます。


                                                                              
 
     また冬場は寒さにより樹脂の結晶性が高くなるので、固型のブロックや被膜は20℃以下の気温の環境の
          下では透明性を失います。

     室温30℃前後で一定の気温の安定している場所に戻して保管すると透明度は多少戻ります。

ご注意 被膜の透 明性の度合いは、天然由来のために輸入原料のロットにより多少異なる場合があります。




            
特徴について
 
               シールピールは一般の石油系樹脂プラスチックとは異なり、主成分のセルロースは、天然の高分子です。

                天然植物由来の樹脂は、ある限られた温度範囲の時のみ、分子どおしが結合して被膜が出来る特性を

                 持っています。 この特性を利用したものが、熱間浸漬型の可剥性の防錆プラスチックです。

             ・ 原料のセルロース粉末を構成しているのは、綿花やパルプのため、収穫時の年や生産地の天候、気候

                条件「日照り・干ばつ・長雨等の発生」が一定ではありません。その為に製品自体の色相の強弱や結晶

                性の有無や 透明性にも多少影響を与えますが、 防錆保護膜剤の効果としては全く問題は ありません。
       

                                                          

               このような特性を有した シールピールの浸漬温度は、限定されており、適正温度があります。弊社の製品

                の場合は 180℃から190℃の作業温度の時だけセルロースの分子と油の分子が結合して防錆膜を

              つくり安定した適正な液温で被膜を形成する性質を有します。

              それ以外の温度
(200℃以上又は180℃以下)では不完全結合のために、樹脂と油分が二層になり

                 比重の軽い油が上に浮き分離を起こします。  
分離の現象は温度不足の170℃でも起こります。
             
              また長時間の熱溶融(60時間以上の加熱)で、シールピールは、分離して被膜形成が出来なくなります。
  
            
 その時は、溶解槽の中のシールピール液を新品と入れ
替えして下さい。




  正しい使用法について
         シールピールを正しくお使い頂くには、液温度の管理が最も大切です溶解するタンクに温度コントロール 

               (サーモスタット)のついたもので、常に液の温度を一定に保って、作業 のできる、シールピール用のタンク

                をお勧めします。更に長い間、専用タンクを使用していると温度のコントロールのセンサーにも誤差が生じます
 
                ので、作業中に実際の 液温度 とコントロールの 指示メモリが合っているかどうかの確認を温度計を使って

                行って下さい。 


           実際の現場作業に立会って観ますと、液温度が合ってない場合が多いです。     液温度が低かったり、
            逆に高すぎたり(200℃以上)と適温でないことのほうが多いです。

        
              このような理由から シールピールタイプ1型は180℃〜190℃液の温度でご使用下さい。
             200℃以上の液温度で使用することは、速く熱分解を起し、被膜が形成出来なくなり、更に、
             引火性もあるので危険です。決められた作業適温度で使用して下さい。



                                          
                                ●180℃の液温に浸漬して引上げるだけの簡単作業です。
                                                                
                                  丸型     100V,0.9Kw                            角型1号 100V,1kw          

            

              商品案内  
      more
                                                                安全にお使い頂くための
                                                              マニュアル

 
              正しい使用法: 200℃以上の温度で使用しないこと。
             使用適温度: 溶融温度は常に 180℃〜190℃の温度範囲内で使用すること。

     
          シールピールのタイプ別 :   タイプ 1 (セルロース/繊維素)の場合

                           適応グレード     
                                       SP-25/ED-7/SD-3A/SC      

                                           
                                                   手袋を装着して作業してください。 
                        

      
              次のような現象が発生したらシールピールの液温度が200℃以上に上がっている状態ですので直ちに
                  タンクの液温度を温度計で確認して下さい         安全を確認後、180℃〜190℃に戻してください。

                   溶液が沸騰状態の時は、上蓋を開けずに電源を切り、温度が下がるのを待つこと。


 
            特に  このような状態の場合には注意してください。  

                ● 溶解中にタンクから蒸気ミストが異常に白煙を出している。(通常の場合も少し煙が出るが
                     激しく白煙が出ている状態は要注意200℃以上に上がっています。引火の危険性が
                     あるので タンクの上蓋をして一度電源を切り温度下げる)
                     火災の危険があります。

               
湿度の高い日はシールピールも臭いが多少ありますが、普段よりも臭いが強い場合。
                     (熱老化が進むと分離して臭いが強くなります。耐久時間を越えています。タンクの中味を
                     出して新品に入れ替えてください。)
                     熱分解による老化現象です。


                  被膜ができない、シールが付かない、膜が薄くて脆い場合。温度上昇による熱老化や使用

                     限界を越えたため樹脂と油が分離していますので新しいシールピールに入れ替えて下さい。)
                 
 熱分解による老化現象です。

                      



    熱分解する時        

         つぎのような時にシールピールは分離や熱分解を起こします。(被膜ができない状態)
  1
                  @ シールピールは180℃×60時間(一週間位)を超えるとだんだんと熱老化を起こして、被膜の色が濃くなり

                    もろくなって分子間の結合がゆるみ、セルロースと油が分離しやすくなり最終的には、分離して使用できなくなり

                    ます。(被膜が出来ない)

               A適正温度で溶解しているのにタンク内の上に油分が多くあることで確認できます。  (時間的経過による老化)

                    金属棒で溶液をかき混ぜて樹脂と油が分離が生じている時は これ以上使用できないという判断になります。

                  


                B このような問題発生を少しでも遅らせるには、作業に合った溶解タンクの大きさや深さを選び、一度にまとめて

                    部品等の浸漬を行ない溶解タンク内のシールピールの使用サイクルをはやめ、 溶かしたものを毎回ごとに使い

                    切るか、タンクの四隅に液面の減り具合に応じて,新しいシール材を継ぎ足し補充を行って熱による分解を遅らせる

                    ように工夫します。 



                   Cしかし最終的には分解して被膜ができなくなります。

                               ● 使用しない場合には熱を無駄に加えないで下さい。
                               ● 200℃を超えて使用するとシールピールが短時間で分解します。

                                                    ダイスの浸漬作業 
                                                  
                                            ● 長時間、熱を加えて使用していきますと被膜の色も付いてきます。  
 


           2
     
      @ シールピールは、200℃以上の熱が加わえると、急速に分解が速まりますので190℃以下の使用適温度に

                  落として 作業して下さい。


             
  A200℃以上に上げて、一度分離したシールピールは、再度使用しても被膜が形成しません分解した油状の

                  中に新しいシール ピールをいくら補充しても、分離した油の影響でシールの被膜形成は出来ません。分解したものは

                 使用せず全てを破棄して、新しいシールピールに入れ替えて下さい。



                B 熱により老化した被膜は黒くなり、極端に弱くバラバラと膜が折れて防錆力や耐衝撃性が低下します。
                       

              3 
        
@ 分離現象は温度不足でも発生します。例えば、タンクの温度コントロールに誤差が 生じると液中のシールピールも

                適正な作業温度に達していないときがあります。指示メモリを180℃に設定してあるのに温度を感知するセンサーに
                 誤差が生じ、シールピールの液温度が実際には170℃前後の場合には、10℃ほど熱が足りません。

                 

              そんな時、油分がタンクの表面に浮いて、分離したように見えます。

                そしてDipping(浸漬)しても被膜形成ができません。

               
               
Aそんな時は、液温度を190℃に上げて1時間程してから攪拌すると被膜が出来ます。

                     但し、新しい製品を融かした時が  前提となりますので、何度も熱を加え変色したシールピール (60時間以上
               融かしたシールピール)は、均一の被膜が出来ませんので注意して下さい。

  
             
    長時間使用した(60時間以上) シールピールは、セルロースが分解して、使用できません。


   


  
            泡が出ている時 

        シールピールを入れて溶かし始めてから気泡が著しく出てくるのは未溶解物の塊がタンクの 底に 溶けずに残って

       その周りの温度が低くなっているため泡はけが悪くなっているので、液の中を金属棒で上下に良く攪拌して下さい。

      その時、液温度が200℃を超えない範囲で 熱を上げ更に、攪拌してから泡が消えやすくするために上蓋をして下さい。
                   

 

                引火して燃焼した時

                   シールピールを200℃以上超えた状態で使用すると引火により火災の危険性があります。

            ● 万が一、タンクの液が燃焼したら、慌てないで、火傷しないように直ぐにタンクの電源を断ちタンクに上蓋して

                空気の混入を遮断して下さい。

           ●初期消化には粉末消火剤泡消化剤が有効です。




                      
 サビが発生する原因

                 直接、製品または部品を素手や汚れた手袋で触るとタンパク質塩分が付着して包装後に  錆が発生します。

                また空気中には水蒸気(湿気)の形で水分が含まれ、その中に塵やゴミが 浮遊しているので、前処理した後は

               直ぐにシールピールで保護して空気中の酸化物の付着を 断ちます。
                  
                 前処理には指紋除去剤(シールコート85)や防錆剤等を利用すると良いでしょう。 
 
                      
サビについては、シールピールのQ&Aを参照してください。

       
             

         商品案内
                                                                             < 製品情報一覧へ >