DAIKYO

             製品資料                        

                              シールコート 85
                     《 指紋除去形防錆油       
         シールコート85は、指紋除去性及び水置換性・洗浄性を備えた、指紋除去形防錆油であり
         シールピール
で 最終防錆する前に、金属面に付着した切削研削工程後の切り粉、研磨粉の
         汚れや金属加工後に部品を素手で取扱ったあとの洗浄に適しております。特に指紋の除去を
        行なわなければ、シールピールで
最終防錆処理をしても思わぬ錆の原因になります。
         指紋の除去性を重視する屋内用部品等の一時防錆油として
広範囲な用途に適しているので
        鉄鋼製品・部品に使用できる強力な防錆油であり、
シールピールで浸漬する前の処理や
         中間工程及び組立工程中の錆の原因になる指紋や塵埃・水分
除去にぜひお奨めいたします。
         用 途
             シールピール作業の前処理用
            一般的な加工部品防錆の前処理用

                   工具、ゲージ類のように手扱い頻繁な部品の一時防錆
                    精密機械部品の工程間防錆
                    ベアリングなどの高度仕上げ表面の指紋除去
       
       
         使用方法                       防錆期間
      浸漬、刷毛塗り、スプレー塗装可能             屋内暴露   1ヶ月(目安)
                                        屋内包装   3ヶ月(目安)
         シールコート85の代表性状

試験項目

規格値

測定値

密度 (15)  g/c

     −

                0.86

色相 (ASTM)

     −

                3.0         茶褐色

引火点 ℃

    38以上

     50

動粘度 (40) cst

            12以下

     5.3

分離安定性

相の変化、分離のないこと

    合 格

指紋除去性

 さびのないこと

    合 格

除膜されていること

    合 格

   

   

腐  食 mg/cu


 アルミニウム 0.1以内

  黄  銅   1.0以内

  鉛      
45.0以内

  鋼       0.1以内

 亜  鉛    3.0以内

  
      -0.003

    -0.01 

      
-1.3

    -0.02

    -0.3

さび止め性能(湿潤)

  168時間

    合 格

塩 水 噴 霧

     −

    24時間A

膜 厚   μm (目安)

     −

    4

               消防法危険物分類  第4類 第二石油類 等級V     
               使用上の注意
          1.       溶剤型指紋紋除去剤ですので火気にご注意下さい。
          2.       洗浄力が強いので素手をつけると脂肪分が取られ、体質によって肌あれの原因になります。
          3.       寒冷時に若干くもりや分離析出のおそれがありますが、撹拌すれば実用上支障ありません。
          4.       部品等に付着残存する被膜は出来るだけ布でふき取り、除去してから最終防錆処理をして
                下さい。鉄鋼以外の非鉄金属に使用については、変色しやすいので避けたほうが望ましい。




                                   
                                                               4 L 缶
      
シールコート85の使用法について
シールコート85は金属部品の取り扱いで付着した指紋や汗など人体分泌物等を溶液に浸漬や
それらをしみ込ませた布で拭き取って清浄する指紋除去形サビ止め油です。

使用前に
シールコート85を使用する前に、腐食性のない有機溶剤を使用し、部品等に付着している
油汚れ、バリ・研磨剤・塵・埃などを取るための洗浄を行って下さい。

洗浄剤の選択の基準は次の通りです。
 1.      洗浄性が良いこと。
 2.      悪臭がないこと。
  3.      毒性がないこと。または有害性が低いこと。
  4.      乾燥後何らかのしみの痕跡を残さないこと。
参考例として
    出光 IPソルベント1620IPクリーンLX
         丸善石油 スワクリーン150
    日鉱日石 NSクリーン100 などその他多数有り
注 意
      引火点の低い第一石油類の芳香族系溶剤は危険ですので使用しないこと。
塩素系溶剤(塩化メチレン・トリクロールエチレン・パークロールエチレン)は毒性や
発がん性・分解性に
問題があるので使用を避けること。 
有機溶剤で洗浄した後は、次の方法を選択して下さい。
シールコート85の使用法 
 布ふき清浄をする場合
 綺麗な布(ウエス)を用意してシールコート85を小さな容器に移し、そこに布を染み込ませ
  部品等を数回きれいに拭き取る。
  拭き取り後はただちに空気との接触を避け、ポリエチレン袋やシートで包み次の工程を待つ。  
                  浸漬することの出来ない大型の物はシールコート85を仕込ませた布で清浄を行う。


         ブラシ掛け清浄をする場合
  ステンレス製の浸漬槽を2個用意する。部品のサイズより少し大きめの蓋付の槽の方が良い。
  1槽目の容器にシールコート85の溶液を入れ、その中に部品を浸漬して2分程漬けて置く。
   その後浸漬槽の中で手作業によりブラッシングを行う。数回ブラッシングした後は部品を
                   引き上げ用意してある2槽目に部品を移動して仕上げのためのススギを行う。2分程度。
            ススギ完了後は、綺麗な布(ウエス)で軽く拭き取り、ポリエチレン袋やシートで包み次の工程を待つ。
   ブラッシングに使う刷毛は、塗料用の油性刷毛を用いる。
注 意 
  シールコート85は出荷時にはPH8.0〜9.0以下にに調整されていますが、浸漬槽中でくり返し
  使用されると溶液が汚れて来ますのでPH6.0以下になったら廃棄して下さい。
  その時、仕上げ用に使用していた2槽目の溶液を1槽目の容器に移し替えて、2槽目に
     新しい溶液を入れて作業を行って下さい。


                  

             
      

                             シールコート85 イメージ


     
                                                   
                                                        
            
        1槽目で部品を2分間浸漬後               2槽目で左右上下に揺動して
            ブラッシングを行い指紋を浮かせる      移す          2分間ススギを行い指紋除去する

  

                                               

 超音波洗浄機を使用する場合
     浸漬洗浄槽に発振子を設置して溶液に振動に与える。ブラシ掛け・拭き取りよりも
           穴や細かな部分に、より効果的である。
           周振動数や浸漬時間については超音波機器メーカーの仕様に従う。

液の管理について
   市販のPH値判定紙または簡易なPH測定機を使用してランダムに溶液のチェックをする。
           使用しない時は浸漬槽の上フタを必ずして塵・埃の侵入を防ぐ。
         アルミ・亜鉛・銅などの部品はアルカリ溶液に侵されて変色するので使用を避ける。
           保管する時は室温5℃以下に置かれますと白い沈殿物が発生しますので直射日光を
       避けて、10℃以上30℃以下の場所に保管して下さい。
       シールコート85の開封後は6ヶ月以内に使用して下さい。
           廃棄する場合は産業廃棄物の廃油として処分を専門業者に委託する。

注 意
    シールコート85は短期の防錆効果はありますが、処理後そのまま放置しておきますと
         空気中の塵・埃等が付着し、新たな錆びの発生につながりますので指紋除去作業後は
      出来るだけ速く最終防錆の処理をして下さい。

       

最終防錆の選択
       指紋除去後、すぐに最終防錆を選択して部品を保護して下さい。
                                   
                                                            防錆紙・防錆フィルムで包装する
                            中長期用防錆油を塗布する
                            気化性防錆剤を散布して包装する
                             シールピールでホットパックする


                                                       株式会社 大 京 化 学
                    〒144-0044 東京都大田区本羽田2-9-20
               
           製品情報