強力ラバーコートブルー
                                                       ストリッパブルペイント
                                            
                                                  

                                    

        
                ラバーコートは、金属・非鉄金属面を一時的に腐食や機械的損傷から防止する被膜を表面に

                   形成し、物品の使用時に、簡単に剥離できる有機溶剤形のストリッパブルペイントです。


                SBR系ゴム樹脂を主体にした可剥性表面保護剤で防錆・防水・耐侯性・耐薬品性・電気

            絶縁性に優れ、速乾性で塗布後直ちに、強靭で柔軟な塗膜を形成します。

                 組立の一定期間に正常な状態のまま維持できるように、被塗物面に適度に付着して加工時に

           応じて、
必要な時いつでも簡単にはがす事が出来る一時防錆塗料です。



              はく離可能な期間
    
     
 屋外対象物に対しては

                  期間1年以内  ・・・・・ 
Dry塗膜500ミクロン以上要



                  
屋内対象物に対しては 

            期間1年以内  ・・・・・ 
 Dry塗膜300ミクロン以上要  刷毛で2-3回位

         


     
 主な適用面

         ステンレス面       機械的損傷防止
         アルミニューム面       機械的損傷防止
         ガラス面       機械的損傷防止
     金属表面     腐食防止

                   電動ミニペインターによる吹き付け及び塗装後の剥離状態
                                               
                             
      可剝性のチェック
          ラバーコートの剥離性は、素材面の表面の粗さと塗布する素材の種類によって剥離状態が影響を

                  受けますので、
本塗装前に必ず予備テストを行ない剥離の程度を確認して下さい。
           予備テストの段階で塗布後24時間後に面に密着して簡単に剥離出来ず、引っ掛かりのある面には 

            ラバーコートで保護する用途には適しておりません。

         
また、溶剤を含んでいる為、塗装面の上には密着しますので保護の対象には、できません。

    用   途
 1・防 錆  飛行機・車輌・各種兵器・機械器具の防錆及び原子力関連機器 溶接の
 開先防錆・サンドブラスト鋼板面の保護
 2・防毀損  ガラス製品・ステンレス・亜鉛版・機械器具及びその部品の研磨面
 メッキ仕上げ面の保護と各種金属に対する有害物質の付着防止
 3・製造工程  鉄・金属・非金属等の加工中のマスキング材として使用し作業終了後に
 可剥する。
 4・電気絶縁
 絶縁性に優れているため電気部品・器具の絶縁及び保護材。
 5・防 湿  水分が多く湿度の高い所、海水、潮風の塩害の恐れのある構造物及び
 各種機器、船舶水産関係
 6・鉱 山
 工場タンク・配管パイプ等の腐食防止
 7・輸送中の保護    各種機械・器具・部品・鉄・非鉄金属等の輸送中における破損・キズ 
  発錆等の防止と保護
              性   状  代表値
 外   観    青色粘性液状
 比   重      0.88
 粘   度    5000 mPa.s  23
 引張強さ    227kgf/c
 伸  び     1900%
 耐 熱 性     150℃  12時間 異常なし
 耐 寒 性    -30±5℃    異常なし
 引 火 点    5℃
 試験時の膜厚      0.15mm
   
    耐薬品試験結果

試験項目

試験条件  2週間

試験結果

硫酸

25%

異常なし

炭酸ソーダ

25%

異常なし

塩水

21%

異常なし

硝酸

10%

侵される

塩酸

10%

異常なし

苛性ソーダ

10%

侵されない

アンモニア水

10%

侵される

メタノール

98%

侵されない

エタノール

98%

侵されない

植物油

侵されない

グリス

侵されない

ガソリン

侵される

有機溶剤

大部分の有機溶剤類

侵される

鉱油

8時間後膨潤次第に溶解

          試験方法
                   試験片100mm×60mmの軟鋼及びステンレス鋼に0.15mmを塗布した試験片を    
常温乾燥24時間後に500ml入り浴槽に浸漬して行なった。
  
     塗装の方法  参  考

   
  刷毛塗り法
     ラバーコートは、気温が20℃前後では原液そのままで、直接刷毛塗りができます。

     ただし、寒冷地や気温の低い所では、塗料の粘度が上がるので、トルエン または

    メチルエチルケトン(MEK)を5~10% 加えて攪拌してから塗布して下さい。
         希釈率が高くなれば剥離性能の効果が低下し、剥離困難になる場合がありますので
         予め剥離性能予備テストを行なって下さい。
                   塗膜完全乾燥時間 塗布後18時間以上  
           
塗料使用量 g      希釈比   塗布面積  乾燥塗膜厚   塗装回数
  200g    10%    1㎡  50± 10μ   1回塗り

         スプレー塗装
                    重量・カップ式の場合には、原液100部と専用シンナ-100部を良く混ぜ合わせ

                 吐出しやすい粘度に調整します。この場合にも、希釈されることによって剥離性が

                  低下するおそれがありますので、素材面との剥離性を確かめて下さい。

塗料使用量 g      希釈比    塗布面積  乾燥塗膜厚   塗装回数
  500g    1:1     1㎡    70μ  2回吹き付け
     指触乾燥  1015分  20
   完全乾燥  18時間以上
    強制乾燥  80℃    20~30分
    スプレ-ガン口径  15mm2,0mm
    吹付け圧力  3~4kg/c
                             
     注意点 ラバコートは高分子樹脂のため塗装中に糸引きが起こることがありますが
          剥離した時の被塗物面には全く影響ありません。接触面はガードされています。


 エアーレス塗装
         プラスティコ-トに直接高圧力を加え小さなノズルチップから噴射して霧化する塗装法です。 
 
 
          そのため希釈用の溶剤量が少なくてすみ、オ-バ-スプレ-が少ないので


             エア-スプレ-に比べ塗料及び希釈剤が有効に使用できます。

          また1回塗りでエアー
スプレ-の2倍の塗膜が得られるため、作業時間を短縮する事が


           できます。

 塗料使用量 g       希釈比      塗布面積  乾燥塗膜厚    塗装回数
  500g    10%     1㎡    100μ  1回吹き付け
 気   温  温度10℃以上  湿度85%以下
 希釈比  10~15%
 圧力倍率  30:1  45:1
 パタン 幅  28~38
 チップ口径  0.58mm~0.77mm前後

  注意点 塗装面が柚肌になり易いですが、被塗物には影響ありません。


     乾燥膜厚の基準

                ラバーコートは1年以上を越える部品の保護目的には使用出来ません。
       
                                1年毎の塗り替えをお願いします。 
      
  
      1.屋外放置する物品6ヶ月以上1年以内の場合には、乾燥時で0.5mm前後の  

             塗膜が必要です。但し温度、湿度、及び気候の変化の厳しい環境下では、塗膜の  
                     受ける影響が大きいので状況に応じて塗装膜厚を決めて下さい。



                直射日光で、基材の面の温度が1ケ月以上70~80℃になる環境では剥離  
            出来なくなることがありますので高温の所で使用しないで下さい。 

               2.室内保管する物品が、6ヶ月前後の場合には、乾燥時で0.3mm以上
                     の塗膜を必要とします。3ヶ月前後の保護の場合には.2mm以上の膜厚
            必要とします。


                    平面上の塗り重ね間隔は、20℃で30分以上必要です。立体物の塗装の場合に
          連続塗装すると垂れるので12時間以上の間隔が必要です。

              3. 塗装回数は、たれ防止のため現場状況の物品に応じた間隔を選んで下さい。
            塗装塗膜の完全乾燥は、膜厚や塗装回数により24時間~48時間かかります。
                      1年以上の保管や保護を必要とする場合は1年毎の塗り替えを必要とします。

           塗装上の注意

                1. ラバーコートを施工する前に物品の表面を綺麗にして、錆、じんあい、水分
              機械油類やその他の有害物質などを除去して素地調整をして下さい
 
            2. 穴及び凹凸のある物は、アルミホイールや防錆紙でふさぎその上から塗装して下さい。
             又物品等を積み重ねる場合は、塗装面同士が接着するので、ポリシ-ト等を中間に
            敷いて 乾燥した後、重ね置きして下さい。
 

        3. 塗装したラバーコートの被膜を必要な時に簡単に剥げる様に製品の角の剥離したい
           部分に厚く捨て塗りをして剥離する所を決めておくと便利です。

           4. 塗装後、塗膜面に損傷、破損、亀裂が生じ剥離した場合にはその部分を刷毛塗り
           スプレ-塗装で簡単に部分補正することができます。塗膜に外部的衝撃等によって
              穴があいた場合には、その上から余裕をもって塗り重ねて下さい。

          5.気温が10℃以下の低い温度になると塗料の粘度が上がりますので希釈して塗布するか
            又は缶ごと湯の中に入れて20~25℃に加温して粘度を調節します。(直火厳禁)


      取り扱い上の注意
   火気の近くでの塗装は絶対禁じる事。又、作業が室内になる場合、充分に換気を行い
     塗装用のマスクを使用する。局所換気装置か全体換気装置を、必要とする
    ラバーコートの貯蔵安定期間は約6ヶ月です。直接日光の当たらない冷暗所
    (通気性の良い温度・湿度の安定している所)で貯蔵して下さい。
    取扱い場所には、必ず粉末消火器を整備して常に点検しておく。
    ラバーコート及び専用のシンナ-の容器は品名を表示した部分がハッキリとわかる様に
      必ず指定した場所に保管する事
    ラバーコート及び専用シンナ-は使用量以外は作業場に持ちこまない様にする事。
    塗料のついた汚れたウエスや紙は、不燃性のフタのある容器に入れて毎日始末する事。
      特に空缶に残った溶剤のガスで引火爆発の危険性があるため、注意して処分する事。
   作業者が塗料の霧やシンナ-の蒸気にさらされない様に作業位置を考えて作業中の
     姿勢に注意する事。
    使用前に必ず容器に表示してある注意事項を読んで有機規則に基づいて作業を行うこと 


 塗 装 仕 様 
                  
      適用箇所
                    参 考  例:ステンレス露出部
                         使用塗料:ラバーコートブルー
                        希釈剤  :(トルエン叉はキシレン)
    工  程
           工場塗装 
                 現地塗装      
素地調整   

油脂・塵埃・水分・その他

有害な付着物を除去し

被塗物面を清浄にする。

 

現地仮設後、搬送・組立中の

塗膜損傷部、溶接部を  

デスクサンダー及び    

サンドペーパー等で除去する

次に油脂・塵埃・水分その他の有害な
付着物を
除去し被塗物面を清浄する    

上塗り  ラバーコートブルー
 
 
補修塗装
   ラバーコートブルー
作業内容  塗料1に対してシンナー10%加えて
 エアレス
塗装する
 塗装1に対してトルエンを 
 10%加えて刷毛塗りする。
標準被膜 μ/回  100μ以上  
標準仕様量g/㎡/回    500  
塗装間隔  20     18H  
               適用法令                                   
 消防法  危険物 第4類 第一石油類
 非水溶性
 労働安全衛生法  危険物(引火性の物)
 有機溶剤中毒予防規則
 第2種有機溶剤使用
 
 船舶安全法  中引火性液体
 IMDGクラス3等級Ⅱ
 PRTR 法  該当 (トルエン)


                                                               

                                                      Home