プラスティコートの使用方法



         プラスティコートは、 刷毛塗り、吹付け塗装、浸漬作業で  金属・非鉄金属を一時的に腐食

           機械的損傷から 防止する保護膜を表面に形成し、物品を使用する時や加工する時に指先で被膜を

     簡単に
はがすことができる 一時防錆保護剤です。作業方法は刷毛塗りや浸漬(dipping)及びスプレー

           吹き付けができます。


                              
               刷毛塗り                     吹付け
 

                      

                           


             主な適用面
   
   機械的損傷防止        ステンレス鋼表面
       アルミニュウム表面
       ガラス表面  陶器
   腐 食 防 止       金属面
   適用不可面       塗料の上面(塗膜面)
      各種プラスチック板

           



              使用目的の選択

           
      屋外用屋外保護期間1年以内----♯100 シルバ-  (ビニール樹脂)
                                   ラバ−コ−トブル−(SBRゴム樹脂) 
 
           屋外用ですが直射日光のあたる50℃以上の場所には適しません。


      屋内用内保護期間1年以内----#100クリア− ・#100グリ−ン 
                                    #100ブル−

           紫外線により光分解するので直射日光のあたる場所では使用できません。

           室内の一時のための組立・加工・保管のための防錆剤としてご利用下さい。

         

              剥離性のチェック

             プラスティコ−ト#100の剥離性能は、塗布する素材の種類と素材面の仕上がりの
               粗さにより  大きく 影響をうけますので、本塗装前に必ず予備テストを行い、剥離の
               程度を確認して下さい。


            予備テストの段階で、24時間後に簡単に剥離できず、引っ掛かりのある面は、本塗装
              には適しておりません。又、プラスチィコート#100は有機溶剤を使用しておりますので、
              プラスチック加工品やすでに塗装してある塗膜の上には塗装できません。


        プラスチック面や塗装面は含有溶剤に侵されて、接着して剥離が困難になりますので
              注意してください。

     

            塗装方法 

       * 塗布する前に、必ず被塗物に付着している汚れや油分を溶剤等で洗浄して下さい。
                    参考例
                 刷毛塗り法       塗料名 プラスティコ−ト#100シルバ−

                             専用シンナー:      トルエン または MEK(メチルエチルケトン)を希釈剤としてご利用下さい。
    
        プラスティコ−トは液温が20℃前後では、原液そのままで直接刷毛塗りができます。

         ただし、20℃以下の寒冷地や気温の低い所では塗料の粘度が高くなるので、MEKまたは

        トルエン5〜10%を加えて攪拌してから塗布して下さい。 希釈率が高くなれば剥離性能の

        効果が低下して剥離が困難になる場合がありますので、予め剥離性能予備テストを行って
        下さい。塗布回数は、最低2回以上必要です。
塗料使用量g 希釈比 塗布面積 乾燥塗膜厚    塗装回数
   
   250g 

10%

  1 u

70±10μ

 1回塗り〔往復〕
       ※塗膜乾燥時間   塗布後 24時間




                スプレ−塗装法  塗料名 プラスティコ−ト#100グリ−ン
   

          重量・カップ式の場合には原液100部と専用シンナ−100部を良く混ぜ合わせ吐き出しやすい

         粘度に調整します。この場合にも、希釈されることによって剥離性が、低下するので、素材面

         との剥離性を確かめて下さい。
塗料使用量g 希釈比 塗布面積 乾燥塗布厚   塗装回数
   
  250g
 
 1:1
 
 1 u
 
  25μ
 
1回塗り〔往復〕
            指触乾燥   10〜15分    20℃
             完全乾燥   18 時間以上
             強制乾燥   2〜3 時間    60℃
              スプレ−ガン口径    1.5mm
               吹き付け圧力      2〜3 s/Ccu

             ※注意点---プラスティコ−ト#100は高分子樹脂のため塗装中に多少の糸引きが
                       起りますが、被塗物面には全く影響ありません。


                  専用シンナーの代替には、MEK(メチルエチルケトン)で調整して下さい。

       原液100部: MEK100部(単体)

       原液100部: MEK50部/トルエン50部(混合)


                 エア−レス塗装   塗料名 プラスティコ−ト#100 シルバ−
     

          プラスティコ−トに直接高圧力を加え小さなノズルチップから噴射して霧化する塗装法です。
            その為溶剤が少なくてすみ、オ−バ−スプレ−が少なく、エア−スプレ−に比べ、塗料
               及び希釈剤が、有効に使用できます。
            又1回塗りで、エア−スプレ−の1.5倍の塗膜が得られる為、作業時間を短縮することが、
           できます。
塗料使用量g 希釈比  塗布面積  乾燥塗膜厚    塗装回数

  300g
 
 10%

  1u

  100μ

1回塗り〔往復〕
             気 象-----温度 10℃以上   湿度 85%以下
            希釈比----10〜20%以下
               圧力倍率--30:1     45:1
                パタン幅---28〜38
           チップ口径--0.58mm〜0.77mm前後

       ※ 注意点  塗装面が柚肌になり易いですが、被塗物には影響ありません。



       



             塗膜の基準  プラスティコ−トは1年を越える物の保護には使用できません

                    屋外放置する物品が3ヶ月以上1年以内の場合には、乾燥時で、0.5〜1.0mm前後の
                     塗膜が必要です。但し温度、湿度、及び気候の変化の厳しい環境下ではプラスティコ−ト
                     の塗膜の受ける影響が大きいので規定より厚膜塗装して下さい。
                  ※直射日光で基材の面の温度が50〜60℃になる物には、剥離できなくなります。

                    室内保管される物品が6ヶ月又は、1年以内の場合には、乾燥時で、0.3mm前後
                     の塗膜が必要です。又、3ヶ月以内の保護の場合には、0.2mm以上の膜厚を必要
                     とします。

                    平面上の塗り重ね間隔は、20℃で、20分以上必要です。立体物の塗装の場合には
                      24時間以上の間隔が必要です。

                    塗装回数は、垂れ防止の為、現場状況の物品に応じた間隔を選んで下さい。


                    塗装塗膜の完全乾燥は、膜厚や塗装回数により24時間〜48時間掛かります


                    1年以上の保管や保護を必要とする場合は、1年毎の塗り替えをしてください。
                       あらゆる環境の変化に塗膜が影響を受けるので、途中で部分剥離をして被塗物面を
                      確認する。


                    


 適用法令(#100について)

                     
    消  防  法  
  危険物第4類第1石油類  (非水溶性液体)
    労働安全衛生法     危険物  (引火性の物)
    船舶安全法   中引火性液体    IMDGクラス3等級U
   毒・劇物取締法           第2条劇物(MEK) 
   PRTR法     第一種該当 (トルエン含有  番号:300番)
   RoHs指令      非該当
  国連番号      1263
  指針番号      128



                   BACK